卓球ナックルサーブ

卓球のナックルサーブは無回転のサーブの事です。

初心者には難易度が高い技になってくると思いますが、
ナックルサーブにはいろんなメリットが存在します。

回転がないため空気抵抗というのを受けやすく、
球が予測不可能な動きをしてくれます。

ナックルサーブの打ち方とコツ、
正しいフォームというのを覚えておきましょう。

ナックルサーブの打ち方はフォアハンドの下回転サーブと似ていて、
球の下側をきっている下回転サーブに対して、
ナックルサーブの場合は手首をしっかり固定して
押し出すようなイメージで球を打つのです。

また下回転サーブとはフォームも似ているので、
もちろん対戦相手には球の回転は読みづらくなるでしょう。

ナックルサーブを身につければ、
下回転サーブとの使い分けで、
対戦相手を惑わす駆け引きができるのではないでしょうか。

対戦相手がレシーブをうまくできなくなるような
ナックルサーブを打てるようになれば、
卓球の試合では勝敗の分け目になるでしょう。


スポンサード リンク

卓球上達法を学ぶ事や卓球の練習方法を学ぶ前には、
しっかりとした卓球の基礎練習を行う事も重要です。