卓球下回転サーブ

卓球の下回転サーブは球に下回転をつけて打つサーブです。

下回転を鋭く打つ事で
対戦相手が打ち返しづらい球にしましょう。

下回転サーブの打ち方は、
フォアハンドの場合まずラケットの面を卓球台と平行にします。

そして球の下側をこするようにして打ちます。

下回転がかかった球は、対戦相手のコートに入ると
その瞬間に減速して、戻るといった動きになります。

サーブの球に下回転をかけるコツは、
ラケットと球が当たる瞬間に手首を速く動かす事で、
強い下回転をかけることができるのです。

下回転サーブをバックハンドで打つ場合は、
まずはバックハンドの構えをとります。

球をトスすると同時にバックスイングをします。

半円を描くような感じでラケットを振り、
球の下側をこすります。

球に当たる瞬間に肘と手首を使って、
カットする速度を上げる事により、
より強い下回転サーブを打つことができるでしょう。

下回転サーブは卓球のサーブでも基本中の基本なので、
狙った場所に打てるように練習するのもいいかもしれません。


スポンサード リンク

卓球上達法を学ぶ事や卓球の練習方法を学ぶ前には、
しっかりとした卓球の基礎練習を行う事も重要です。